7日の県内は前日の暖かさから一転、気圧の谷の影響で日中に気温が上がらなかった。盛岡市中心部では小雪が舞い、冬を感じさせる一日となった。

 盛岡地方気象台によると、盛岡で降雪を観測したのは2月26日以来9日ぶり。日中は一時雪が強まり、傘を差し、マフラーや手袋を着けて歩く市民の姿も目立った。

 各地の最高気温は大船渡9・3度(平年比2・4高)、盛岡6・9度(同1・8度高)、宮古5・7度(同1・1度低)など。

 未明に最高気温を観測したところが多く、盛岡の午後3時の気温は1・4度だった。