バスケットボール女子Wリーグの新潟アルビレックスBBラビッツ(新潟市)に今春、奥州市水沢出身の専修大4年千葉歩(あゆみ)さん(22)が入団する。Wリーグは、12チームで構成する日本女子バスケの最高峰。千葉さんは自慢の得点力を生かし、ファンに愛される選手を目指す。

 千葉さんは1月にチームと契約した。ポジションはフォワードで、入団内定者枠であるアーリーエントリー選手として2月10日までに、8試合に出場した。強みとするシュート力はWリーグでも通用し、入団に向け自信をつかんだ。

 奥州・水沢小3年時に、飛鷹(ひたか)ミニバススポーツ少年団で競技を始めた。水沢中から強豪の東京学館新潟高(新潟市)を経て、専修大に進学。足首や膝のけがを乗り越え、主将として臨んだ昨年12月のインカレでは5位入賞を果たした。