エンゼルスの大谷翔平(花巻東高)はトス打撃を25球こなした。オースマス監督によると、前日には「感覚が良くなってきた」と手応えを話したという。ブルペンでは打席に立って31球を目で追った。

 キャンプ終盤には投球の再開を目指している。監督は「投手のメニューが入ってくれば、打者は一時的に止める。計画は変わっていない。最終的には両方を交互にやるようになる」と見通しを示した。

(テンピ共同)