二戸市福岡の南部美人(久慈浩介社長)は瞬間冷凍の技術を使い、純米大吟醸生原酒を冷凍貯蔵した商品を開発した。蔵で搾りたての生原酒の鮮度や味わいをそのままに世界中の食卓で楽しめる。

 「南部美人フローズンビューティー純米大吟醸(仮)」で720ミリリットルと300ミリリットルの瓶入り。搾りたての状態をとどめ、飲む際に冷蔵庫や流水で解凍する。

 火入れ殺菌しない生酒は酵素が生きているため時間がたつと熟成が進みすぎて、広く流通させるのが難しい。通常の冷凍庫で冷凍させると膨張して瓶が割れる上、苦味やえぐみが出るなど味も変化する。