久慈市と山根六郷の里協議会(細畑賢=さとし=会長)主催の山村地域活性化イベント「ファンシーヴィレッジ」は同市山根町の新山根温泉べっぴんの湯で初めて開かれ、地元産の山菜、郷土料理販売など多彩な内容が来訪者を楽しませた。

 春の陽気に恵まれた3日、屋外会場には、山根地区在来種の大豆「山白玉(やましらたま)」と野田村特産ののだ塩を使った「おからボール」、軍配餅、豆腐田楽などが並んだ。温泉客らは足を止めて「古里の味」を堪能した。

 市地域おこし協力隊の田端涼輔さん(24)が開設したカフェでコーヒーを手に語らう住民も。スパニッシュギターユニット「ドン・アルマス」のコンサートも人気を集めた。