大船渡市民有志でつくるLOVE大船渡プロジェクト実行委(佐々木陽代(ひより)委員長)は2日、同市大船渡町の市防災観光交流センターで、漁業用浮き球を使った浮き明かり製作ワークショップを開いた。

 市民ら6人が参加。キャラクターや「2011 3・11」の文字など好みのデザインを浮き球に描き、明かりの広がりを想像しながら電動ドリルなどでくりぬいた。

 完成品は、東日本大震災犠牲者の鎮魂のため4日から同センター多目的広場で行う「浮きあかりイルミネーション」で点灯する。

 点灯は17日まで、毎日午後4時半~同10時に行う。