AKB48グループは2日、大槌町末広町のおしゃっちで被災地支援「誰かのために」プロジェクトを開催した。東日本大震災から間もなく8年を迎える同町に元気な歌声を届け、会場を盛り上げた。

 訪問したメンバーは柏木由紀さん、本県出身の佐藤七海さんら6人。

 「恋するフォーチュンクッキー」や「365日の紙飛行機」などのヒット曲を披露し、約300人の観客は大歓声を上げた。最後はハイタッチで観客を見送った。

 佐藤さんは「地元岩手からたくさんの応援を受け、元気を与える立場だが逆に元気をもらった」と語り、柏木さんは「町は復興が進み、住民の皆さんも元気にあふれている。震災を風化させないためにも今後も支援を続けたい」と誓った。