県は29日、国際リニアコライダー(ILC)の誘致実現に向け、盛岡市内丸の県庁に横断幕を設置した。

 県庁3階に、県科学ILC推進室の職員が縦1メートル、横7メートルの横断幕を掲げた。宇宙をイメージした青色地に、岩手の黄金文化をイメージした金色で「We’re ready for the ILC! ~国際リニアコライダーを東北へ!~」と印刷した。

 横断幕はほかに、盛岡、奥州、一関、大船渡の4市役所など県内7施設に設置した。

 同推進室の佐々木淳室長は「ILC誘致に向けてさまざまな準備ができているということを発信し、実現に向けて県民の皆さんと力を合わせたい」と期待を込めた。