西武の山川穂高(富士大)が開幕から2試合続けて本塁打を放った。4―6の八回に先頭で打席に入ると、2球で追い込まれながらもボール球を見極め、フルカウントから奥村のカットボールを高々と打ち上げて左翼席まで運んだ。

 ただ、2試合でマークした安打は本塁打の2本だけ。いずれも救援投手から打ったもので「先発投手から打たないと」と不満げな様子。チームも2連敗を喫しただけに「負けると楽しくないし、自分の状態もめちゃくちゃいいとは言えない」と表情は晴れなかった。