県教委は29日、特別支援教育の方向性を示す「いわて特別支援教育推進プラン」(2019~23年度)を策定した。発達障害がある子どもが増える中、継続的支援の強化や教員の指導力向上などを盛り込んだ。

 プランは▽つなぐ▽いかす▽支える-の三つのキーワードを柱に、具体的施策と数値目標を示した。