国土交通省東北地方整備局は29日、2019年度の事業概要を公表し、北上市村崎野と花巻市山の神を結ぶ約3キロの国道4号「北上花巻道路」で、片側2車線(4車線)化の検討調査費が盛り込まれた。今秋、東芝メモリ新工場が完成する北上工業団地に近く、周辺で渋滞悪化の懸念が高まる中、拡幅実現へ前進した。

 北上花巻道路は北上工業団地口の交差点から北に約3キロにわたり2車線(片側1車線)が続く。19年度の調査では、4車線化に向けた拡幅ルートや整備手法の検討に着手。その後、さらに詳細を詰め、必要に応じて環境影響評価(環境アセスメント)を経て正式な事業化を判断するとみられる。

 北上市の交通量調査によると、北上工業団地口交差点の北約500メートルの地点では、1日の通過車両台数が16年度は8882台、18年度は9204台と増加傾向。近くに新工場が完成後は一層の増加が見込まれる。