県議会奥州選挙区(定数5)選出の菅野博典氏(41)=自由党=は、9月の任期満了に伴う県議選に再選を目指して立候補する意向を固めた。同党に公認申請する。

 菅野氏は2日、岩手日報社の取材に対し、「引き続き農業政策を柱に据え、人口減少社会問題を正面から受け止め、幸福度高まる希望郷いわてを目指す」と決意を述べた。今後、後援会(門脇秀朗会長)の態勢強化を図る。

 菅野氏は奥州市江刺出身で、酪農学園大(北海道)卒。東京都内のIT関連会社役員などを経て、前回15年県議選で初当選した。自由党県連青年女性対策委員長。

 同選挙区で出馬の意向を明らかにしたのは5人目。