マリナーズの菊池雄星(花巻東高)は2度目のオープン戦登板へ、新たな調整法を試した。前回は日本時代と同様に登板前日にマウンドから軽く投げたが、この日は平地で投げるにとどめた。メジャーで主流の中4日の登板間隔に適応するためで「あえてやめてみて、それに慣らしていかないといけないのかな」と説明した。

 課題として、前回は制球に苦しんだスライダーを挙げ「自分の軸として大事にしている球なので修正していきたい」と言った。

(ピオリア共同)