6月に閉店する盛岡市中ノ橋通の商業施設Nanak(ななっく、早瀬恵三社長)は2日、同店で取引先向け説明会を開いた。出席者によると、同社はテナント業者らへの未払い分について、現状では一部しか返済できないと説明。具体的な完済方法も未定だとした。

 説明会は非公開で1時間以上にわたって開き、テナントや納品業者ら70人ほどが参加した。出席者によると、早瀬社長は「ご迷惑、ご心配をお掛けした」と陳謝。閉店を決めた経緯などを説明した。

 ななっくは取引先業者に買掛残など未払いがあり、数千万円規模の未収金を抱える業者もいる。これに関し、現状の支払い可能額から一部しか返せないとし、残債務も返済方法や時期は未定とした。