花巻市上町の上町家守舎(かみちょうやもりしゃ)(小友康広社長)は28日、同市上町のマルカンビル大食堂で、マルカンビル大食堂の人気メニュー「ナポリかつ」の味を再現した弁当の最終試食会を開いた。JR東日本リテールネットと共同開発。弁当は4月23日からJR盛岡-一ノ関駅と同仙台駅のニューデイズで販売する。

 弁当は「マルカンビル大食堂特製ナポリソース使用 藤原総料理長監修 ナポリかつ」。マルカンビル大食堂のナポリかつのレシピを参考に作られており、甘みのあるソースが特徴。パスタの上にのっている4切れのカツも食べごたえがあり、家庭でもナポリかつのおいしさを味わえる。

 価格は600円(税込み)で、マルカンビル大食堂のナポリかつ780円(同)よりも180円安い。ラベルはイタリア料理を連想させる赤、白、緑の三色を基調としている。