ソフトテニスの第30回都道府県対抗全日本中学生大会最終日は28日、三重県伊勢市の県営サンアリーナなどで行われ、男子団体で本県が準優勝を果たした。初戦の2回戦から4試合を勝ち抜き、本県としては男女を通じて初めて決勝に進出。決勝は新潟と対戦し、山本一仁・古沢悠実(ともに盛岡・河南2年)組、橋場柊一郎(洋野・中野2年)・竹内遥音(大船渡・一2年)組がともに敗れて0-2となり、頂点に届かなかった。