東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島の3県出身の児童生徒、学生107人で編成する東北ユースオーケストラ(TYO)は27日、盛岡市盛岡駅西通の市民文化ホールで、30日に控えた盛岡公演に向けた最終調整の練習会を開いた。代表・音楽監督を務める音楽家の坂本龍一さんも加わり、本番を想定して音を合わせた。本県出身・在住の団員は「感動を届けられる演奏がしたい」と気合を入れる。

 「楽しむことを忘れず、本番に向けて最大限いい演奏ができるように努力しよう」。坂本さんはピアノで加わる「Blu(ブル)」などの演奏曲を確認する前、団員に呼び掛けた。団員約100人が引き締まった表情で音を重ねた。

 盛岡公演は30日午後2時、同ホールで開演。ピアノで坂本さん、朗読で女優のん(本名・能年玲奈)さんが出演する。

 チケットはS席3千円、A席2千円。ローソンチケットやカワトク、フェザンなどのプレイガイドで販売。問い合わせはキョードー東北(022・217・7788)へ。