気象庁は27日、大船渡市三陸町綾里で観測している大気中の二酸化炭素(CO2)濃度の2018年平均値が412・0ppm(前年比2・7ppm増)となり、観測史上最高だったと発表した。綾里を含む国内の地上観測点3カ所、洋上、上空も最高を更新した。地球温暖化の原因とされるCO2は増加傾向が続いている。

 気象庁によると、綾里の過去10年の年平均増加量は2・4ppm。測定を始めた1987年の351・4ppmから60・6ppm増えた。

 その他の地上の観測点は、小笠原諸島の南鳥島409・4ppm(同1・7ppm増)、沖縄県の与那国島411・7ppm(同2・2ppm増)。