県教委は26日、2019年度県立高校2次募集の合格者を発表した。全日制と定時制は計92人、杜陵後期日程は8人が合格した。

 全日制は18年度より1校5学科38人多い1488人の募集に対して88人が受験し、83人が合格した。定時制(杜陵除く)は、277人の募集に10人が受験し、9人が合格。杜陵後期は9人が受験し、本校に7人、奥州校に1人が合格した。

 推薦、一般などを含めた最終合格者は8086人で、全日制63校中50校80学科(前年度比2校、6学科増)で定員を下回った。定員に対する充足率(併設型入学決定者含む)は85・2%(同1・3ポイント減)だった。