三陸鉄道(中村一郎社長)は23日、リアス線の開通を記念して久慈市産の木炭商品「木まじめ脱臭炭」を発売した。地元産の商品で沿線地域の活性化を目指す。

 脱臭炭は、同市山形町の山村生活体験施設バッタリー村で炭焼きを営む木藤古修一さんが製作。経営黒字化への願いを込めた商品「クロジカシリーズ」の第2弾で、開発には三陸鉄道を勝手に応援する会(草野悟会長)も協力した。

 約200グラム入りで税別500円。久慈駅と、宮古市宮町に同日オープンした三陸鉄道直営店「さんてつや」で販売。問い合わせはさんてつや(0193・62・8900)へ。