北上市教委は、耐震性が不足している同市和賀町横川目の笠松小を和賀西小と統合し、竪川目運動場に新校舎を建設する当初案を転換し、笠松小を単独で同運動場に建設する。建設地を巡る地域の意見がまとまらないためで、22日の市議会議員全員協議会で示した。

 笠松小(児童86人)は4月から和賀西小(同81人)の校舎に移り、2校併設で学校生活を送る。カリキュラムの問題などから2校併設は1年間が限度のため、市教委は新校舎建設などの日程を考慮し、統合について今月までに一定の結論を得る方針だった。