北上市村崎野の株式会社connect(コネクト、黒沢豊代表取締役)は同市村崎野にグループホームと小規模保育園が隣接する「共生型」施設を市内で初めて開設する。認知症のお年寄りと園児、住民らも同じ場所で交流できる施設で、地域に開かれた福祉の取り組みとして注目を集める。

 同市北部、飯豊地区の国道4号沿いにグループホーム「おおきな木」と小規模保育園「ちいさな木」を建設。おおきな木は木造平屋の延べ床面積631平方メートルで定員18人。居室18室や2カ所の浴室のほか、約50平方メートルの多目的地域交流サロンを設け、地域住民や子どもが公民館のように集会に活用できる。居間からは園庭で遊ぶ園児が見える。建設費は約2億円で市補助金約4600万円を受けた。

 開所式は25日行う。23、24の両日は午前10時から午後3時まで施設の完成内覧会を開催する。問い合わせはコネクト(0197・62・3316)へ。