米大リーグ、マリナーズの菊池雄星投手(27)=花巻東高=は21日、東京ドームで行われたアスレチックスとの開幕第2戦でメジャー初先発を果たし、4回2/3を被安打4、3奪三振、2失点(自責点1)で勝敗は付かなかった。「9番・右翼」で先発出場したイチロー外野手(45)の現役引退となった万感のラストゲーム。高校1年時から12年間、夢に描いたメジャーの舞台で、憧れだった背番号51と最初で最後の「共演」。レジェンドから情熱を託された歴史に残る第一歩となった。

 こみ上げる思いを押さえることができなかった。八回、ベンチに下がるイチローをチームメートが出迎えた。遠慮がちに後方に下がっていた雄星はイチローと抱き合うと、肩を震わせ涙があふれた。帽子を深くかぶり、目元を拭った。

(22日紙面で詳報)