盛岡市民福祉バンク(佐藤晴久理事長)は21日から北上市本通りのさくら野百貨店北上店3階特設会場で「春一番 福祉バンク祭」を開いている。同市初開催で、県民から寄せられ、障害のある利用者が丁寧に再生させた約5万点が並び、掘り出し物を求める客でにぎわっている。25日まで。

 衣類や古本、雑貨、CD、レコード、家電など幅広い品を格安販売。文庫や新書、コミックは1キロ540円で量り売りし1冊から買える。22日はアクセサリー市、23日はおもちゃ詰め放題など日替わりイベントがある。商品は随時追加し24日は20%、25日は50%割引セールを行う。衣類や雑貨、本など不要品の引き取りコーナーも設ける。

 佐藤理事長(76)は「利用者が活動する姿も見てほしいし、買ってもらうことが喜びになる。今後も北上で継続したい」と来場を呼び掛ける。

 午前10時から午後7時(25日は午後5時まで)。