盛岡地方気象台は20日、ウメの開花を観測した。平年より23日早く、1953年の観測開始から4番目の早さとなった。

 同気象台の職員が同日午後4時ごろ、盛岡市山王町の敷地内にある1本の標本木で、5輪ほどの開花を確認した。同日の盛岡の最高気温は5月中旬並みの19.0度(平年比11.0度高)。3月に暖かい日が多かったことなどが影響したとみられる。開花は昨年より1日遅い。最早は2016年の2月22日、最晩は84年の5月4日となっている。