大相撲春場所11日目(20日・エディオンアリーナ大阪)盛岡市出身で東前頭3枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は東筆頭の魁聖を引き落としで下し、3勝目(8敗)を挙げた。

 錦木は頭で当たって左をねじ込んだ。まわしを引けなかったが出足を利かせて積極的に前進。足がそろった魁聖を難なく引き落とした。

 12日目は西小結の北勝富士と対戦する。