20日の県内は高気圧に覆われて晴れ、36観測地点中31地点で今年最高を記録する暖かい一日となった。盛岡市内丸の盛岡地裁前では、国指定天然記念物・石割桜の雪囲いを取り外す作業が行われた。

 造園業豊香園(ほうこうえん)(同市本町通)の藤村尚樹社長(43)ら職人8人と、社長の長男橙治郎(とうじろう)君(仁王小3年)が、冬の雪や寒さから幹、枝を守ってきたこもやつり縄を手際よく外した。

 桜の状態を入念に確認した藤村社長は「つぼみが大きく膨らんでいる。晴れが続けば、今月中に咲き始める可能性もある」と早めの開花を予想した。