花巻市は、同市石鳥谷町中寺林の道の駅石鳥谷の施設再編を計画している。北側隣接地(約5千平方メートル)を民間から取得して敷地(現在約2・7ヘクタール)を拡張させ国道4号から視認性を確保。利用者が巡りやすくなるよう施設の移動や改修を行う。2019年度は基本設計を行い、30周年を迎える23年度にリニューアルオープンさせる予定だ。

 施設再編基本構想・基本計画案によると、南部杜氏伝承館は引き家の形で北側に移動させ、展示内容の充実を図り日本酒の試飲や販売ができるようにし、インバウンド(訪日外国人客)にも対応できる情報発信機能を確保する。

 酒匠館は物販や産直を行う施設とし食堂機能はりんどう亭大食堂に集約。施設の各入り口はできるだけ国道4号側(西側)に設け、施設に囲まれた場所を広場として活用。駐車台数は現行は111台分で190台を目安に増やす方向。