エンゼルスの大谷翔平(花巻東高)はティー打撃を2月22日の再開後、1週間連続で行った。最多だった前日と同じ40球。ティーに置いた球を打つ練習からトス打撃への移行に、オースマス監督は「近づいてきている。間もなく次のステップにいける」と見通しを話した。

 3日連続で、ブルペンの打席に立って同僚の投球練習で目慣らしした。同じア・リーグ西地区のレンジャーズとのオープン戦の観戦もした。

(テンピ共同)