奥州市江刺田原の田原中(村上俊明校長、生徒3人)の閉校式は17日、同校で行われ、卒業生ら約230人が学びやとの別れを惜しんだ。

 村上校長は「田原中や教育に対する地域の思いは(統合される)江刺一中に受け継がれていく」とあいさつした。生徒を代表して3年梅原彩乃さんが「72年の歴史と伝統を誇りに思う。田原中で過ごしたことが未来への懸け橋となる」と別れの言葉を述べた。

 梅原さんと梅原彩奈さん(3年)、阿部美結羽(みゆう)さん(1年)の3人は、閉校に向け教諭らとつくったオリジナル曲「未来への風」を披露。出席者全員で同校の思い出をかみしめ校歌を歌った。