米大リーグ、マリナーズは17日、東京ドームでプロ野球巨人とプレシーズンゲームを行い、イチローが「9番・右翼」で先発出場し、3打数無安打で六回の守備からベンチに退いた。中飛、二ゴロ、遊ゴロでオープン戦から21打席連続無安打となった。チームは6-4で勝った。坂本勇のソロなどで1-3とされた七回にハニガーとブルースの2ラン2本で逆転した。

 マリナーズは20、21日に同球場でアスレチックスとの開幕2連戦に臨む。イチローがメジャー出場すれば昨年5月2日以来、日本では2012年以来となる。2戦目では西武から移籍1年目の菊池雄星(花巻東高)が先発投手でメジャーデビューする。

 プレシーズンゲームではアスレチックスが日本ハムに5-1で勝利。三回までに有原から4点を挙げ、小刻みな継投でリードを守った。

 18日も同カードで2試合が行われる。

初登板へ調整順調

 【東京支社】東京ドームに凱旋(がいせん)したマリナーズの菊池雄星は、すっかりメジャーリーガーの顔になっている。

 21日に予定されるメジャーデビューに向け、気になる調整具合も順調のようだ。メジャーでは先発の登板間隔が中4日となるため、調整方法に米国式を取り入れた。登板日、西武時代は全体のアップに参加して試合直前も体を動かしていたが、現在は試合開始1時間前の1回に変更。ブルペンは登板3日前に入る。

(斎藤孟)