【大阪支社】大相撲春場所7日目(16日・エディオンアリーナ大阪)盛岡市出身で東前頭3枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は、西横綱の鶴竜にはたき込みで敗れ、初日からの連敗は自己ワーストを更新する7に伸びた。

 右に動いて突き、押しの鶴竜に対し、錦木は土俵際で残して反撃を試みた。はたきを一度は残し、低い体勢で前に出る。だが、はたきの連発を残せず、転がった。

 8日目は東5枚目の千代大龍と対戦する。