【大阪支社】大相撲春場所6日目(15日・エディオンアリーナ大阪)盛岡市出身で東前頭3枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は、東横綱の白鵬に寄り切りで敗れ、初日からの連敗は自己ワーストを更新する6に伸びた。

 錦木は白鵬得意の右四つで左下手を与えたが、頭をつけた。出ようとした相手を左小手投げで少し泳がせた後、もろ差しを許して万事休す。逆襲の寄りで土俵を割った。7日目は先場所に初金星を挙げた西横綱の鶴竜と対戦する。

横綱泳がせ好感触

 錦木は支度部屋に戻るやいなや「頑張ったのになあ」とひと言。初日からの連敗は6に伸びたが、横綱相手に健闘した自身の相撲には納得した様子で、表情は意外に明るかった。