【大阪支社】 大相撲春場所4日目(13日・エディオンアリーナ大阪)盛岡市出身で東前頭3枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は、東大関の栃ノ心に寄り倒され、4連敗となった。

 錦木の粘りは実らなかった。栃ノ心得意の右四つ左上手で胸が合い、右下手投げで抵抗するも土俵際に追い詰められた。ここで弓なりになって懸命に残したが、力尽きて寄り倒された。

 5日目は東大関の高安と対戦する。