2020年東京五輪・パラリンピックでオランダとの復興「ありがとう」ホストタウンに登録されている山田町は12日、同町川向町の町まちなか交流センターでオランダ料理教室を開いた。

 町内の食生活改善推進委員ら約20人が参加。講師に長野県軽井沢町で食を通して地域を盛り上げる活動をしている、H3 Food Design(菊池博文代表)の蓮池陽子さん(44)と、山田町境田町の仮設商店街で居酒屋竹松やを開いていた佐藤沢一彦さん(49)が、オランダの家庭料理2品を紹介した。

 参加者は牛肉やタマネギが入ったコロッケ「ビターバレン」と、ジャガイモやニンジンが入ったサラダ「ヒュッツポット」を調理し、オランダの食文化に親しんだ。