【テンピ(米アリゾナ州)共同】米大リーグ、エンゼルスは11日、大谷翔平(花巻東高)を含む22選手と今季のメジャー契約を結んだと発表した。地元紙ロサンゼルス・タイムズ紙(電子版)によると、大谷の年俸は65万ドル(約7200万円)で、メジャー最低保障額の54万5千ドルだった昨季から10万5千ドル上がった。大谷はまだ年俸調停の権利はなく、微増にとどまった。

 一昨年の12月にプロ野球日本ハムからエンゼルス入りした大谷は、昨季のキャンプにはマイナー契約の招待選手として参加し、開幕直前にメジャーに昇格した。1年目から投打の「二刀流」で活躍し、ア・リーグの最優秀新人に選ばれた。