【ソルトレークシティー共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)最終戦最終日は10日、米ソルトレークシティーで行われ、女子1500メートルで高木美帆(日体大助手)が1分49秒83の世界新記録で優勝した。従来のタイムを1秒02更新した。

 24歳の高木美はW杯の個人種目で通算10勝目で、うち8勝が1500メートル。9日は1000メートルで日本記録を樹立していた。

 男子500メートルは新浜立也(高崎健康福祉大)が連日の日本新記録となる33秒79でW杯3勝目を挙げた。村上右磨(村上電気)が34秒10で3位。

 女子500メートルは小平奈緒(相沢病院)が36秒49の好タイムで制した。W杯で1000メートルを含め通算28勝目。本県の曽我こなみ(日本ハウスH&R)は前日にマークした自己ベスト、県記録を0秒20更新する36秒99で自己最高の4位に入った。日本連盟によると、曽我の記録は日本歴代2位。小平に次いで日本女子2人目となる36秒台に突入した。