大相撲春場所初日(10日・エディオンアリーナ大阪)盛岡市出身で東前頭3枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は、先場所で初優勝した西関脇の玉鷲に押し出され、黒星スタートとなった。

 頭で当たった錦木は玉鷲の強烈な突き、押しを下からあてがうが、出足を止められない。右喉輪、左おっつけを交えた相手の厳しい攻めに守勢。最後はバランスを崩し、押しに屈した。

 2日目は東関脇の貴景勝と対戦する。