【ノルウェー・オスロで運動部・千葉恵】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は9日、オスロで団体第5戦(ヒルサイズ=HS134メートル)が行われ、小林陵侑(土屋ホーム、盛岡中央高)葛西紀明(土屋ホーム)小林潤志郎(雪印メグミルク、盛岡中央高-東海大)佐藤幸椰(雪印メグミルク)で臨んだ日本は合計456・8点で2位に入った。

 悪天候のため、1回目だけで打ち切られた。日本はアンカーの小林陵が138・5メートルを飛んで順位を押し上げた。小林潤は123メートル。ノルウェーが469・8点で優勝した。オーストリアが3位。日本は2月のW杯団体第3戦で3位に入り、世界選手権でも団体の銅メダルを獲得した。