10日の県内は高気圧に覆われ、南から暖気が入った。最高気温は宮古の17・0度(平年比9・6度高)など36観測地点中32地点で今年最高となった。

 釜石市両石町の水海公園では、陽気に誘われ海岸を散歩する家族連れが見られた。家族5人で訪れた花巻市西宮野目の会社員吉田哲朗さん(39)は「暖かく、釜石道も開通したのでドライブで来た。3月11日が近づくと、長女が生まれた2カ月後に東日本大震災が起き、停電への対応やミルクの確保などに奮闘したのを思い出す」と、元気な子どもたちを見つめた。

 盛岡地方気象台によると、11日の県内は低気圧の影響で沿岸を中心に暴風、大雨となり、夕方から大しけになる恐れもある。