復興支援道路の釜石道(釜石市―花巻市、80キロ)で9日、釜石ジャンクション―釜石仙人峠間6キロが開通し、沿岸と内陸を結ぶ横軸の全線がつながった。東日本大震災から11日で8年。物流、人的交流の拡大や被災地の復興加速が期待される。

 釜石市甲子町で開通式を行い、関係者や用地を提供した地権者ら約500人が出席。達増知事が「三陸沿岸の復興を力強く後押しすることを期待する」と述べ、野田武則釜石市長は「震災の多くの犠牲を忘れず、本県の振興に大きく貢献していく」と決意した。

 復興道路・復興支援道路で初の全線開通で、安倍晋三首相の祝辞に続いて関係者がテープカットやくす玉割りで祝った。一般車両は午後3時に通行を開始した。

 この日は復興道路の三陸道(県内延長213キロ)の釜石南―釜石両石間14・6キロも同時開通した。

 釜石道、三陸道とも無料の自動車専用道路。釜石道は1990年代初めに事業化され、震災後は復興のリーディングプロジェクトとして整備が進められてきた。時間短縮による物流や医療環境の向上が見込まれ、今秋のラグビーワールドカップ(W杯)釜石開催では大勢の大会関係者や観客の円滑な移動を支える。

 沿岸の縦軸となる三陸道は県内で計画延長の57・3%、122キロの整備が完了し、2019年度中には宮古以南の全区間が一本に連結される見通しだ。