県議会北上選挙区(定数4)選出の関根敏伸氏(63)=自由党=は、9月の任期満了に伴う県議選に5選を目指して立候補する意向を固めた。近く同党に公認申請する。

 関根氏は28日、岩手日報社の取材に対し「自動車・半導体関連産業や1次産業など岩手の特長を生かした産業を伸ばし、県民の幸福度を高める役割を担いたい」と決意を示した。

 関根氏は北上市出身で北海道大卒。2003年県議選で初当選。3期目途中で辞職し、13年参院選岩手選挙区(改選数1)に出馬し落選。15年県議選で4選し、県議会復興特別委員長、自由党県連幹事長を務めている。

 同選挙区で出馬の意向を明らかにしたのは5人目。