盛岡市中ノ橋通の商業施設Nanak(ななっく、早瀬恵三社長)は28日、6月2日に閉店すると発表した。売り上げ不振に加えて老朽化した建物の維持費で赤字が続き、親会社の経営悪化も重なって継続困難になった。建物は解体し、商業施設とホテル、マンションなどを備えた複合施設への再開発を検討している。

 ななっくは旧中三盛岡店の後継として2012年10月開業。東京商工リサーチ盛岡支店によると、14~17年2、3月期には年間30億~35億円の売上高を計上していた。しかし、客足は伸びず、テナントの撤退が相次いだ。築50年以上がたつ店舗の維持費がかさみ、関係者によると年間1千万~2千万円ほどの赤字に陥っていた。耐震工事の必要性も指摘されている。