南三陸国道事務所は8日、復興支援道路の東北横断自動車道釜石秋田線釜石-花巻間(釜石花巻道、80キロ)が3月9日に全線開通すると発表した。釜石花巻道で唯一開通日が未定だった釜石仙人峠インターチェンジ(IC)-釜石ジャンクション(JCT)間6キロが完成し、沿岸と内陸を結ぶ大動脈がつながる。内陸との時間距離が短縮することで、物流や観光、医療などの環境が大幅に向上し、本格復興が進む沿岸地域だけでなく県全体の活性化につながりそうだ。

 横軸となる釜石花巻道は3月3日に遠野住田IC-遠野IC間11キロ、同9日に釜石仙人峠IC-釜石JCT間がそれぞれ開通し、全線が結ばれる。

 内陸と沿岸の結節点となる釜石市には釜石中央ICが新設され、中心部に直結。3月9日には三陸沿岸道路(県内延長213キロ)の釜石南IC-釜石両石IC14・6キロも同時開通する。これで縦軸は県内の122キロ(57・3%)の整備が完了。2019年度には宮古以南の全区間が開通する見通し。宮古以北の開通時期は未定という。