大船渡市末崎町の災害公営住宅 高松 勝雄さん(79)

 津波で自宅は全壊した。当時は埼玉県に出稼ぎ中。しばらく自宅には戻れず、家に残してきた妻を心配していた。震災後に暮らした仮設住宅団地は住民同士のまとまりも良く、多くの支援も受けた。今は災害公営住宅に移り、団地そばの畑仕事が楽しみ。一番の趣味は団地で週2回開くカラオケの会。仲間との楽しい集いを続けたい。