気仙地区雇用開発協会(岡田真一会長)などは6日、大船渡市盛町のリアスホールで、就職相談会を開いた。気仙地域での就職を希望する85人が33社の説明に熱心に耳を傾けた。

 個別面談では求職者は各企業のブースを回り、仕事内容や勤務条件を質問した。人事担当者らもやりがいや職場の雰囲気、今後の事業展開などについて積極的に紹介した。

 大船渡公共職業安定所によると、管内の昨年12月末の有効求人倍率(原数値)は1・81倍。2012年7月から1倍を上回る高水準で推移し、人手不足が続いている。