今秋のラグビーワールドカップ(W杯)の大会運営経費や釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアム整備費などの自治体負担が固まった。開催地の釜石市の実質負担は5億7700万円と見込まれ、寄付を積み立てた市ラグビーこども未来基金を活用する。県の実質負担は5億5千万円程度とみられ、一般財源を充てる方向だ。

 市によると、運営経費は10億3800万円、整備費は常設分が38億9300万円、仮設分は9億8700万円(設計費含む)。公認キャンプ地仮設施設整備費が8200万円で、全体事業費は計60億円となる。