2018年度の自然公園指導員環境省自然環境局長表彰に本県から盛岡市夕顔瀬町の植田瑞穂さん(71)、花巻市大迫町の柳田千恵喜(ちえき)さん(57)、雫石町長山の所博幸さん(70)の3人が選ばれた。地域の山と登山者を長年見守り続けてきた功績をたたえる表彰。県庁で5日行われた伝達式で表彰を受けた自然公園指導員は周囲の理解に感謝し、活動の励みとした。

 伝達式には植田さんと柳田さんが出席し、大友宏司県環境生活部長から表彰状を受け取った。

 植田さんは「登山者からの感謝の言葉が一番のやりがい。好きで続けてきた活動が評価されて、感無量だ」と目を潤ませた。