第91回選抜高校野球大会(3月23日から12日間・甲子園)に2年ぶり5度目の出場を決めた盛岡大付の及川温大主将(2年)らは5日、盛岡市の県庁を訪れ、高橋嘉行県教育長に健闘を誓った。

 及川主将、赤坂昌吉校長、関口清治監督が訪問。及川主将は「岩手の粘り強さを甲子園で示し、全力で戦って優勝を目指す」と力強く宣言した。

 関口監督は「岩手の野球が元気であることを証明する」と力を込め、高橋教育長は「これまでの努力の成果を発揮してほしい。好成績を期待する」と激励した。