2019.02.05

紫波広華会が新春交流セミナー

 岩手日報紫波広華会(佐々木盛雄会長、26会員)の新春交流セミナーは4日、紫波町桜町の盛岡南ショッピングセンター・ナックスで開かれ、釜石シーウェイブスRFCゼネラルマネジャー兼監督の桜庭吉彦氏が講演した。

 会員や岩手日報社の西舘政美取締役総務局長、岩渕真幸取締役広告事業局長ら約80人が参加。桜庭氏は秋のラグビーワールドカップ(W杯)について、40億人が見る世界有数のスポーツイベントと説明し「開催都市として、心の復興や何か将来につながるものを残せるように関わってほしい」と期待した。